image1-42image1-43

こんにちは!

 

今週ご紹介するのは木製の「存在感」と「ぬくもり」のある食器棚をご紹介します!

水屋箪笥と呼ばれるこういった食器棚は明治から大正、昭和と長きに渡り愛用されてきました。

写真の棚(左)は岡山県内で不用品回収させていただきました。下段と上段のガラス戸が違う種類のガラスが使われているのも面白いですね~。上段は普通の透明なガラス戸になっているので飾り棚に!下のガラス戸は(たぶん)結霜ガラスなので時代と古さを感じます。真ん中は引き戸になっていてこれから取っ手を付けるところです。(右の写真は別の水屋箪笥のガラス戸で、木の部分をクリップで固定し修理しているところ。^^)

 

スタイリッシュな食器棚やキッチンの壁と同化した収納が主流ですが、存在感のある水屋箪笥をアンティーク家具として今の時代でも愛用されてる方が沢山いらっしゃいます^^ ご自宅に眠っている食器棚や飾り棚はございませんか?不用品回収でお悩みの際は是非、弊社までご連絡ください!